「死役所」第13巻あらすじ紹介【ネタバレ多数あり】


死役所のまとめページへ

今回は「死役所」第13巻をご紹介します。

待ちに待った13巻でした。

発売は2019年4月9日。

楽天koboで購入、読んだのは4月18日でした。

「ここで12巻まで紹介するまでは読まない」と意味不明な取り決めを

自分の中でしていました。

そして昨日12巻をご紹介し、晴れて13巻を読みました。

…なんか…モヤモヤが残る終わり方…。

表紙は生前のシ村さんです。

1冊丸々シ村さん回です。

スポンサーリンク

幸子

12巻の最後、冤罪で無期懲役の判決を受け、9年を拘置所で、

19年を刑務所で過ごした金子さん。

出所後は、兄に世話になり、幸せに過ごした。

それでも、寂しく、辛かった。

同じ境遇の人間がいた、ということを知るだけで救いになる、と。

シ村さんが

「では少し 昔話でもしましょうか…」

そいう所から、ですね。

「私は冤罪で死刑になったんです」

金子さんは無期懲役で、仮出所もしていました。

冤罪で、さらに自分よりも思い罪を課せられたと聞き、反応に困ります。

シ村さんの方も、自分の過去を他人に語ったことがなく、何から話せば

良いか分からない…。

「奥さんはおったんか?どんな人じゃった?」

「面白い人 でしたねぇ…」

シ村さんは、顔に痣のある「興梠さん」の回で少し話が出た通り、

生前は役所勤めでした。

仕事帰り、役所を出たところで年配の女性が、足が痛いと蹲(うずくま)って

いるところに遭遇します。

肩を貸そうとしたシ村さんですが、女性は「じゃあしゃがんで」と

勝手に負ぶさります。

息を切らしながら、文句も言わず女性を家まで届けるシ村さん。

女性の手当てをし始めたところで、2階から物音が。

2階に上がると、絵を描く一人の女性。

目鼻立ちのはっきりした美人さん。

この女性が、後にシ村さんの奥さんとなる幸子(ゆきこ)さんです。

「市役所の人~!」

件の年配女性に呼ばれるシ村さん。

送ってくれたお礼に、夕飯食べていきなさい、と言う女性ですが、

足が痛くて料理ができない、と。

割烹着を着て台所に立つシ村さん。

この年配女性、中々に厚かましいです。

祖母と孫、と思っていた2人の関係ですが、大伯母と姪孫(てっそん)の

関係でした。

年配女性は、幸子さんの祖父母の姉妹なんですね。

年配女性は名前を「ハツ」といい、幸子さんからは「はっちゃん」と

呼ばれていました。

表面上仲の良さそうに見えた、幸子さんとはっちゃんですが、

実ははっちゃんは幸子さんを「恥さらし」だと思っていました。

幸子さんは一度嫁に行ったのですが、家事もせず絵ばかり描いて、離縁された。

一家の恥だから実家にも見放され、大伯母の下に転がり込んできたのです。

そしてスナックで働き…。

シ村さんに「みっともないやろ、いい恥さらしやわ」と。

絵を描くことが好きで、とことんマイペースで自由。

そんな幸子さんは、血縁者からすると立派な恥さらしだと。

シ村さんの横顔が気に入った幸子さん。

シ村さんの絵が描きたいので、時々はっちゃんの家で食事を

してもいいか、幸子が尋ねると、「好きにしよ」と

特に文句もなさそうにするはっちゃん。

しかし幸子さん本人が去ると、

「男なんか連れ込んで」

「恥さらしにも程がある」

「情けない」

「みっともない」

と愚痴をこぼす…本人には直接言わないけど、ひどく不満を

募らせている様子です。

仕事帰りにはっちゃんの家に寄り、幸子の絵のモデルをし、

はっちゃんと幸子とシ村さん、3人で夕飯を食べる、という

ことをしばらく続けた後、事態は急展開を迎えます。

昼間はっちゃんの家で一人、絵を描く幸子さん。

すると、警官が家を訪ねてきます。

交通事故に遭って、はっちゃんが亡くなったと…。

幸子さん本人には何も言っていなかったため、

幸子さんは、はっちゃんの死を心から悲しみ、涙を流します。

みっともないやろ、いい恥さらしやわ

はっちゃんの言葉を思い出し、複雑な思いのシ村さん。

はっちゃんの葬式も終わり、一息つく幸子さんとシ村さん。

「たった一人の家族を亡くすって、辛いことね…」

「市村くん、よかったら私と家族にならない?」

幸子さんの逆プロポーズに、「はい!」と即答するシ村さん。

半分冗談のつもりだったのか、逆に驚く幸子さん。

「出戻りだし、年上だし…」

それでも構わない、というシ村さんと、幸子さんは結婚します。

一人娘が産まれ、一時絵が描けなくなった幸子さんでしたが、

娘も成長し、5歳に。

しかし、「乳離れ」ができないという問題が。

それが…すべての始まりだったのかもしれません…

2人の子供「美幸(みゆき)」は、5歳になっても乳離れできませんでした。

ただ、さすがに幸子さんの方もいつまでも母乳は出ず、普通の食事を

摂らせようとする二人でしたが、

目を離した隙に、幸子さんの絵の具を食べはじめます。

絵具や土、花(食べ物らしいものは生卵のみ)を食べる美幸。

明らかに普通とは違う子供ですが、

「この子はきっと特別な子」

と幸子さんは喜びます。

ある時風邪をひいた美幸を、病院に連れていく幸子さん。

「消化にいいものを食べさせて、うどんとかおかゆとか」

当然医者はそう言いますが、この子は絵具や土、花しか食べない、

と答える幸子さん。

「お母さんが美味しいものを食べさせてあげれば、そんなことにならない」

「愛情込めて食べさせてあげないと、人間だから食べないと」

「死んでしまうのかしら…」

その日から、何とかして普通の食事をさせようと、料理に励む幸子さん。

それでも食べてくれない美幸。

「ちゃんと治してあげるから」

「嫌よ 死んでしまうなんて…」

ある日、仕事から帰ったシ村さんに、幸子さんが駆け寄ります。

近所の人にもらったというチラシ。

人の心を解放してくれる、と。

心が解放されれば、美幸も普通の食事ができるかも。

少しでも美幸がよくなる可能性があるのなら

 懸けてみたいの!

チラシには、「加護の会」と書かれていました…。

「死役所」

無料試し読みは、以下のサイトでどうぞ!

「まんが王国」で試し読み


死役所のまとめページへ

死役所 死役所-掘り下げ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました