ひぐらしのなく頃に ~鬼隠し編~其の壱「ハジマリ」あらすじ②【※ネタバレあり】

スポンサーリンク

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 其の壱「ハジマリ」Bパート


場面は変わって学校の放課後。

魅音ちゃんに「部活」に誘われ、「部員全員」が賛成。


ちなみに部員とは

魅音ちゃん、レナちゃん、沙都子ちゃん、梨花ちゃんです。

晴れて圭一君は「部活」の一員になりました!


学校公認の部活動ではなく、梨花ちゃん曰く

「みんなでゲームして遊ぶ部活なのです~♪」

「楽しくやればいいじゃないか」

と甘く考える圭一君ですが、どうやらそう甘くはないようです。


ゲームはジジ抜き。罰ゲームは1位がビリに一個命令、に決まります。

トランプの山から一枚抜いて、それがジジになります。

ずいぶん使い込まれたトランプで、

「まさか、皆にはそのキズでここに伏せたカードが分かっているとか。。。?」

4人の目が光ります。どうやら当たりのようです(笑)


「いくつかのカードは特徴的だから、圭一君にもすぐに覚えられるよ」

レナちゃん、フォローになってないよ。。。

圭一君の手札も、混ぜようがどうしようが、

何を持っているか簡単に見破られます。

「鬼め。。。レナはそんな鬼じゃないよな?」

「ゴメンね圭一君。。こっちがハートの3だよね?あ~がりっ♪」

レナちゃんも鬼でした(笑)


連戦連敗の圭一君。

ビリは決定した圭一君ですが、最後にキズを偽装、魅音ちゃんを騙します!

「さすが圭ちゃん、わたしが見込んだだけのことはあるよ!」

魅音ちゃんにも褒められ、上機嫌の圭一君ですが。。。

最初に決めた約束の「罰ゲーム」が執行されます。

「今日は初日だし、ソフトなのからいこうかなぁ~。

いきなり登校拒否になられても困るしねぇ~!」

とマジックを取り出す魅音ちゃん。

圭一君の身体を押さえつけるレナちゃん、沙都子ちゃん、梨花ちゃん。

素晴らしい連携です。


帰り道、例の「ケンタ君人形」を掘り出すために

早く帰ったレナの話をする魅音ちゃんと圭一君。

圭一君の顔は、マジックでタヌキになっております。。。

普通のトーンで話してますが、圭一君の顔は完全にギャグです。


圭一君は、ゴミの山のことを魅音ちゃんに聞きます。

「あそこ。。。さ。ダムの工事現場。

なんかあったんだろ?昔。」

「あったよ。

突然ダムを作るって、役人たちが一方的に立ち退きを迫ってきたんだ。

だから、戦ったんだよ。村のみんなで。

戦わなければ今頃、村はダムの底に沈んでた。」

「よく勝てたなぁ。相手は国だろ?」

「村長や村の有力者たちが、方々に陳情した。

そうしているうちに、計画は撤回されたんだよ。

あたしたちの完全勝利だった!

ハハハハハッ♪」

「暴力沙汰とかには、ならなかったのか?

傷害事件とか、さつじん、、、」

突然、歩みを止める魅音ちゃん。

なかった

「ひぐらしのなく頃に」 ©2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通


レナちゃんと同じ、感情も抑揚もない返事。拒絶。。。

「じゃーね、圭ちゃん!顔のそれ、家に帰るまで消しちゃダメだからね~!」

。。。普通の調子に戻る魅音ちゃん。


釈然としないながらも、

「ケンタ君人形」を掘り出すレナを手伝いに、ゴミ山(旧ダム工事現場)に

向かう圭一君。

ケンタ君人形は、かなりの深さに埋まっており

「本気でやるんなら鉈かのこぎりが必要だな。。。」

「ちょっと待ってて!」

駆け出すレナちゃん。


圭一君は、ゴミ山に落ちている週刊誌を見つけます。

いやな事件だったね。。。腕が一本、未だ見つかっていないんだろ。。。』

富竹さんの言葉を思い出します。

そして。。。ダム現場でバラバラ殺人事件があった記事を見つけます。

被害者を殺害したうえ、身体を6つに切断。

加害者の一人はいまだ逃走中。

「知らない」

「なかった」

二人の言葉は嘘だったのです。。。

そして、鉈を持ち、薄笑いを浮かべながら歩くレナちゃん。。。

「ひぐらしのなく頃に」 ©2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通


前の記事:其の壱「ハジマリ」①
次の記事:其の弐「隠しごと」①

ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はるみをフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました