アホガール

スポンサーリンク

ただ笑いたいとき、おススメです!

・アホガール

「ヒロユキ」先生作の学園ギャグマンガです。

連載は2018年で終了し、単行本は全12巻発売中です。

2017年にアニメ化されています。

わたしは原作を読んだことはなく、dTVで見逃し配信していたアニメを見てこの作品を知りました。

タイトルそのままに、主人公「花畑よしこ(CV:悠木碧)」(高校1年生、原作では作中2年に進級します)は自他ともに認める「アホ」です。

テストはいつも0点。マークシートなのに、です。

でもそれを恥じることも落ち込むこともなく、「すごくない?」聞いてくるくらいのアホです。

バナナが大好きで、「バナナうめぇ~」と涙とよだれを垂らす姿は、アホそのものです。

勉強はせず、遊ぶことしか頭になく、時々小学生とも遊びます。

が、小学生に「勉強しろよ」「将来どうすんだよ」と説教されることもあります。

そんなよしこに振り回され続けるのが、幼馴染のあっくんこと「阿久津明(あくる)(CV:杉田智和)」です。

5歳の頃に、あっくんが住むアパートの隣によしこが引っ越してきて以来、ずっと振り回されています。

将来のために一生懸命勉強に励んでおり、「あっくん、あ~そ~ぼ~!」と邪魔をするよしこに鉄拳制裁を振るいます。

勉強はできますが、無愛想でよしこに対するドSな接し方で怖がられ、友達はよしこ以外いません。

(連載開始当初、携帯の連絡先は「自宅」「よしこ」「よしこ家」のみ)

そんなあっくんの友達になってくれたのが、「隅野(すみの)さやか(CV:原田彩楓)」ちゃんです。

最初は「怖いので」あっくんと友達になるのを断りましたが、あっくんの携帯の連絡先が3件しかないのを見て、「可哀想なので」友達になってくれました。

ものすごくいい人なので、よしこの無茶に度々付き合わされます。

国産バナナに感動したよしこが、生産者に「100㎞以上を、走って」会いに行くのにも最後まで付き合うくらい人がいいです。

酒癖が悪く、間違ってアルコールを摂った際には、自身の貧乳のすごさを披露しました。

その他、孤高のヤンキーだったのに、よしこに懐柔(よしこにそのつもりはない)され、弟子になった龍一。

あっくんのドSに惹かれ、ストーカー行為を繰り返す風紀委員長(よしこ曰く「おっぱい委員長」)。

自身の老後のため、よしことあっくんをどうにかしてくっつけようとするよしこの母(花畑よしえ)。

あっくんの妹で、兄と違って勉強ができない、その他も何もできない残念な小5、阿久津瑠璃(るり)。

そんな面々が織り成すギャグマンガ&アニメです。

疲れているとき、元気がないとき、ただ笑いたいときに、おススメの作品です!

アニメ アホガール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はるみをフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました